自毛植毛と人工植毛の違いのまとめ

MENU

更新日:2017/09/25

自毛植毛と人工毛植毛の違い

 

 

ひと言で「植毛」と言っても同じ方法を採用しているわけではなく、クリニックにより様々な方法を採用していて大きく二つに分けると「自毛植毛」と「人工毛植毛」になります。

 

自毛植毛の場合は、さらに手術方法で細分化されるので以下に解説します。

 

 

定着率の高い植毛法「ダイレクト法」

 

自分の毛を無駄にしない方法になるのがダイレクト法ですが、移植する時に手作業で行われないとの特徴があります。

 

特殊な器具を使うので頭皮やドナーに与えるダメージが大幅に軽減され、定着率が高いです。

 

ダイレクト法を採用している主なクリニック

 

価格が安い植毛法「ニードル法」

 

特に値段にこだわるという方におすすめなのがニードル法です。
針を使って手術を行ないますが、価格以外にも手術時間の早さといった特徴も見逃せません。

 

ニードル法を採用している主なクリニック

 

植毛法によってそれぞれ特徴があるわけですが、その中から自分にとって魅力的に感じる植毛法を行っているクリニックを選びましょう。

 

 

自毛植毛と人工植毛にそれぞれ向いている方のまとめ

 

 

植毛について知ってもらうために、自毛植毛と人工植毛を詳しく掘り下げてみたいと思います。
まずはそれぞれがどういった薄毛のタイプの方に向いているのかまとめてみました。

 

自毛植毛に向いている方
  • 後頭部の髪の毛が多く残っている方
  • 時間的に余裕を持って時期を待てる方
  • 髪の毛が太い方
  • 髪の毛にウェーブがある方
  • 髪の毛の色が薄めの方(茶色っぽい方)
  • 外科手術に抵抗がない方
  • 麻酔などにアレルギーがない方

 

人工毛植毛に向いている方
  • 髪の毛が全体的に薄い方
  • すぐに結果が出て欲しい方
  • 術後の通院が面倒な方
  • 多くの本数を植毛をしたい方

※現在医療的には「人工毛植毛」は「行わない方がよい」と警告されているため、高いリスクが伴います。

 

 

自毛植毛について

 
  • 自毛植毛は自分の髪の毛を移植していくことになります。
  • 典型的な男性型脱毛症(AGA)の方の治療に対応ができます。
  • その他の脱毛症の方には向かないケースが多くあります。
  • 生え揃うまで半年以上かかるため、時間的に余裕のある方に向いています。
  • 逆に、自毛植毛はすぐに結果が出せないというデメリットがあります。
  • 3ヶ月から6ヶ月位で、前よりは毛が増えている印象を受けるようになります。
  • 植毛した瞬間に髪の毛が増えるということはありません。

 

 

人工毛植毛について

 
  • 髪の毛が全体的に薄い場合には、自毛植毛ができないかもしれません。
  • 広範囲の薄毛に悩んでいる方は人工毛植毛が向いています。
  • 頭頂部や前頭部以外などにも植毛していくことも可能になります。
  • 自毛植毛では行われない、後頭部への植毛も人工毛植毛であれば可能です。
  • すぐに植毛の効果を得たい方にも向いています。
  • 人工毛植毛は植えた瞬間から髪の毛が生えている状態となります。
  • 通院が面倒な方にも向いています。
  • 人工毛植毛はメスを使って後頭部の毛を採取することはないので通院が不要です。
  • 最後に量を多く植毛したい方にも向いていると言えます。
  • 人工毛植毛は希望の本数を植毛することができます。

 

 

結論:状況によってどちらが良いかは変わる。

 

 

それぞれの植毛に向いている方をまとめてみました。
どのような効果が欲しいのかによって、考え方もそれぞれあると思います。

 

薄毛の状態によっても考え方が大きく異なるということも分かってもらえると思います。
自分にとって自毛植毛にメリットが多いのか、それとも人工毛植毛にメリットが多いのかをしっかりと判断して検討していただければと思います。

 

人工毛植毛は、リスクが伴うので個人的には自毛植毛をおすすめします。

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

自毛植毛と人工植毛の違いとは


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)