i-SAFEのメリット・デメリット・口コミまとめ情報

MENU

更新日:2017/11/21

植毛方法|i-SAFEのメリット・デメリット・口コミまとめ情報

 
i-SAFEのメリットとデメリット
【メリット】
  • 痛みが少ない
  • 腫れが出にくい
  • 仕上がりが美しい
  • 生え際のデザインが自然である
  • 高密度な植毛が可能である
  • 自分の毛を傷めることなく植毛できる

 

【デメリット】
  • 費用が高額化してしまうことも(本数やi-SAFE植毛のタイプにもよる)
  • 症例数が抜群に多いわけではない

 

【i-SAFEのメリットとデメリットまとめ】

新しい植毛方法であるi-SAFEに関しては、非常に高い評価を得ていることは間違いありません。

 

植毛する毛を皮膚ごと切り取るのではなく、グラフト毎にくり抜く形になります。しかも、パワードマイクロパンチと呼ばれている、口径が狭いパンチを利用しているので、周辺の皮膚を傷つけにくいです。結果、傷跡が残りにくくなります。

 

植毛後にスカスカになってしまう症例が他の植毛方法ではありますが、i-SAFEの場合は1平方センチあたり100グラフト程も移植可能です。一般の植毛技術では20グラフトから30グラフトなので、ボリュームにも良い効果を発揮してくれます。

 

マイナス要素として考えなければいけないのが費用面です。1グラフトあたり980円or1,700円ほどかかります。しかも、本数を多くすれば1グラフトあたりの金額が下がるわけではないので、費用面を重視して植毛しようとしている方にはオススメできません。

 

i-SAFEの口コミ

 
【良い評価の口コミ】
  • 後頭部から髪の毛を採取したが、施術後に短く刈り上げても跡が目立たない
  • 植毛した部位の髪の毛量が想像している通りになった
  • 植毛した部位の皮膚の状態が良好である
  • 3,000グラフトの植毛も1日で行ってもらえた

 

【悪い評価の口コミ】
  • 植毛費用が高いので、もう一度施術を受けたいが迷っている
  • 新しい施術方法なので不安であったがカウンセリングで完全に安心はできなかった

 

【i-SAFEの口コミまとめ】

植毛の結果に良い口コミが集中しています。特に、植毛といえば後頭部に一直線に傷跡が残ってしまう、といった印象があるのですが、i-SAFEではそういったことは起こりえません。後頭部も含めて自由な髪型が術後もできる、といったところが好評なのです。

 

パンチで毛を一つ一つくり抜いていくことになるので時間がかかると思われがちですが、i-SAFEは1日で最大4,000グラフト(約10,000本)の毛を移植することも可能です。大量の毛を短時間で植毛できる点も好感を持たれています。

 

仕方ないところかもしれませんが、費用にはどうしてもマイナスの口コミが集まってしまっています。診察に関わる費用はない、といった努力をクリニックとはしていますが、負担に感じてしまう方が多いのは事実のようです。

 

ちなみに口コミにあった3,000グラフトの植毛ですが、1グラフトあたり980円で基本治療費が185,000円です。なんと、3,125,000円もかかってしまう計算になります。

 

i-SAFEの概要

 
i-SAFEを行っているクリニックとは?

アスク井上クリニックのみで実施されています。独自の技術となっているので、他の植毛とは実際に大きな違いがあるわけです。

 

現状では、院長のみが施術を実施しているので、数多くの施術はできない、といったことには留意しておく必要がありそうです。

どのような施術法なのか?

 

FUE式植毛を進化させたもの、といった差し支えありません。FUE式植毛とは、パンチを使って髪の毛を一つ一つ採取して植毛していく植毛方式です。毛を採取した部分の傷跡が残りにくい、といった特徴があります。

 

そのFUE植毛を大幅な手を加えているのが、i-SAFEです。

 

  • グラフト採取時にi-SAFEデバイスを利用する
  • 移植孔の作成のためにマイクロスリット、マイクロパンチを使用

ドクターが患者の髪の毛を抜き取っている写真 マスクをしておりスコープで患者の頭をしっかりと見ている

後頭部から移植する髪の毛を採取するときに、陰圧を用いた動力で動くi-SAFEデバイスを活用しています。毛母細胞まで吸い取るような形式でくり抜くわけです。

 

毛母細胞も傷つきにくくなり、定着率が一気にアップします。

 

 

ドクターが特殊な機器を用いて植毛部分いスリット(アナ)を開けているが画像 スコーポプでしっかりと覗いている

移植する髪の毛を植える部位にはスリットを作らなければなりませんが、その時に独自の機器を利用します。

 

マイクロパンチ、マイクロスリットは、微細な穴を開けられます。その結果、高密度移植が可能となるのです。

アンシェーブンi-SAFEってなんだ?

 

基本的にi-SAFEと同じ方式での植毛となりますが、大きく異なるのが採取部の髪の毛を刈り込まない、といったところです。髪型を変えることなく植毛手術が受けられるわけです。

 

細かい作業が必要になるので、1回あたりの植毛本数がどうしても限られえてしまいます。一般的なi-SAFEに関しては4,000グラフトの植毛まで可能ですが、アンシェーブンは2,000グラフトまでです。

 

費用も高額化します。1グラフトあたり1,700円かかるので、高額な植毛は行いたくない、といった方には適していません。

植毛治療後の費用について
  • 国内承認薬プロペシア(1ミリグラム)・・・7,200円から(ひと月あたり)
  • ドクターズセレクト・・・3,000円から(ひと月あたり)

 

植毛治療後には、今ある毛を維持させるために治療も必要になります。アスク井上クリニックでは、i-SAFEで植毛した後もそれらの治療が必要と考えているのです。

 

プロペシアの価格は一般的です。ドクターズセレクトに関しては、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルタブレットなどの海外の発毛医薬品を利用可能です。

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

i-SAFEのメリット・デメリット・口コミまとめ情報


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)