人工毛植毛をした場所に自毛植毛するのはリスクがあるのか?

MENU

更新日:2017/09/25

過去に人工毛植毛をした部位に、自毛植毛ができるのか?

 

 

人工毛の場合は、数年をかけてどんどんと植えた毛が抜けてしまいます。自分の毛ではないので抜けるのは仕方のないことですが、結局は薄毛に戻ってしまうわけです。そこで人工毛を植えた部位に自毛植毛ができるとすれば、薄毛の悩みを根本的に解決することになりますよね。

 

人工毛植毛には皮膚が拒否反応を起こしてしまったり、頭痛を起こしてしまったりと多くデメリットがあります。最近では人工毛を使った植毛を行っているクリニックもほとんどなくなってしまいました。

 

こちらでは過去に人工毛植毛した部位に、自毛植毛が出来るのか、といったことを徹底解説します。

 

基本的には人工毛植毛した部位も自毛植毛ができる

 

人工毛植毛をした部位であっても、問題なく自毛植毛できる可能性はあります。ただ、肌の状態によってなど、自毛植毛ができないケースもあるので注意しなければなりません。

 

問題なく自毛植毛ができるケース

 

  • 頭皮の状態がよい事
  • 人工毛がほとんど抜けてしまっている事

 

二つの条件をクリアしている場合には自毛植毛が問題なく行えます。

 

人工毛植毛を行ってからの期間も重要であり、直近に受けた場合には頭皮に問題が出ていることも考えられます。人工毛も多く残っているはずなので難しいです。

 

少なくても手術を受けて、2年から3年ほどたってから自毛植毛手術を受けましょう。

 

人工毛とはいえ、抜けるのを待つのは嫌な気分ですし、周りの方に薄毛であることが分かってしまうのは大きなマイナスと感じるはずです。そのようなケースは、部分かつらなどを利用して抜けるまで対応しましょう。

 

近年のかつら技術は向上しており、バレてしまう可能性は著しく低いです。部分かつらも数万円で利用できる時代なので、費用的にもそれほど大きな負担になりません。一時的に増毛サービスを受けて対応するのもおすすめです。

 

増毛については頭皮に影響を与えるものではないので、自毛植毛にそれほど大きな影響は与えません。

 

自毛植毛を控えたほうがよいケースとは?

 

頭皮が感染症を起こしている場合

 

人工毛植毛は自毛植毛と違って、自分の体の一部ではないものを利用することになります。よって異物を体外に出そうと、拒否反応が起こるのが通常です。皮膚が感染症を引き起こしてしまい、頭皮の状態を悪化させてしまうのです。

 

感染症を起こす確率は、人工毛植毛を受けた方の10パーセントから20パーセントほどといわれており、かなり高いことが分かります。頭皮に感染症がある場合は自毛植毛をしたとしても、定着率が悪くなる可能性があるので適していません。

 

感染症が収まるまでには、1カ月から2カ月ほどかかるので、植毛クリニックのドクターに現状を確認してもらいつつ、自毛植毛が行えるか判断してもらいましょう。

 

人工毛が頭皮にたくさん残っている場合

 

人工毛植毛で植えたものが、たくさん残っている場合には自毛植毛は適していません。人工毛は必ず抜けるので、抜ける時に自毛植毛したものも一緒に抜けてしまう可能性もあるからです。

 

対策法としては、

  • 抜けるのを待つ
  • 人工毛を抜いてしまう

といった二つの方法があります。抜けるのを待つには数年の時間を要するかもしれません。

 

人工毛を抜くには抵抗があるかもしれませんが、部位ごとに手術を数回に分けます。右の剃り込み部分・左の剃り込み部分・頭頂部などと細かく分けますので、全体的に一気に抜いてしまうわけではありません。

 

人工毛がたくさん残っているケースでは、デメリットもあります。抜く場合であっても時間がかかってしまいます。抜くのにかかる期間を、半年から2年間程度と設定しているクリニックも多いので注意しましょう。

 

人工毛植毛をした部位に自毛植毛手術する時の注意点

 

スリットからの出血が多くなる

 

すでに人工毛植毛をしているので、その部位は傷跡ができています。傷跡は固くなっており、スリット(毛を植えるための切れ込み)を深く強めにいれなければなりません。結果的に、出血量が多くなってしまうといったデメリットがあります。
※出血量が多いと言っても、健康に害があるほどは出ないので安心してください。

 

植毛に時間がかかる

 

1回の手術で終わらない事も多く、複数回の手術が行われるのが一般的です。上記したように出血量も多くなるので、慎重に少しずつ植毛することになります。

 

1回の手術時間も5時間や6時間など長時間に及ぶ可能性もあるので、健康状態を整えてから手術に臨むことも必要ですよ。

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

人工毛植毛をした場所に自毛植毛はできるのか?


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)