傷跡への植毛|施術方法と効果

MENU

更新日:2017/09/25

傷跡への植毛施術は効果があるのか?

 

男性型脱毛症(AGA)で悩んでいるから植毛を受けるのではなく頭皮に傷跡があり、それを目立たなくするために植毛したいと考える方もいます。

 

傷跡に対して、どんな施術方法があるのかをお話します。さらに傷跡への植毛で、どのような効果が得られるのかについても解説します。

 

そもそも傷跡に髪の毛を植えて生えてくるのか

たとえ傷跡であったとしても、髪の毛を植えれば生えてきます。頭皮にはしっかりと傷跡にも血がめぐっており、髪の毛に対しても栄養が送られます。その結果、髪の毛が伸び続けるので、傷跡への植毛が実施できるのです。

 

※傷跡の状態によっては定着率が低減する可能性もあり、医師からリスクを聞いたうえで治療を開始する必要があります。また、傷跡への植毛実績が少ない植毛クリニックもあり、経験豊富なクリニックを選択するのも重要です。

 

植毛以外の傷跡への対策法

 

傷跡を縫い縮める

植毛治療が本格化する以前に頭皮に傷を負ってしまった場合には、傷跡が見えてしまわないように、傷跡を縫い縮める手法が採用されていました。しかし、これには非常に大きなリスクがあり、かえって傷跡が目立ってしまう事もあったのです。

 

縫い縮めるためには、頭皮は引っ張られる状態になります。傷跡に向かって頭皮を引っ張ることにより、髪の毛の流れが変わってしまうのです。

 

通常はまっすぐ生えていた髪の毛が斜めに生えてくるような状態になってしまい、傷跡に沿って髪の毛を分けているように見えてしまう事もありました。髪型にも制約が生まれてしまっていたので、特におしゃれに気を使う若い女性や男性には大きなデメリットとなりました。

 

現状では植毛治療ができるようになったので、縫い縮めるような治療の意味はあまりなくなりました。

傷跡への植毛はFUT法による施術方法が多い

FUT法による植毛手術ですが、定着率が高いことでも知られています。メスで切る手術になるので一定の傷跡が頭皮に残ってしまいますが、傷跡が見えにくい部位を利用するので問題ありません。

 

FUT法は、毛の1本1本を大事に利用できるメリットもあります。貴重なドナーを活かしたまま植えることができるので、植毛効果が非常に高いといったメリットがあり、傷跡への施術に利用される機会が多いです。

 

※FUE法で傷跡への植毛が行われるケースもあります。パンチ式で毛根をくり抜く手法になり、メスは使わないといったメリットがあります。一方で、大量の植毛には向かないといったデメリットも忘れてはなりません。

 

※傷跡への植毛実績が豊富な横美クリニックでは、FUT法を採用しています。

 

植毛場所について
傷跡の範囲が狭い場合

傷跡周辺に植毛をして、傷跡を目立たなくさせる方法があります。部位にもよりますが、例えば、後頭部に傷がある場合はその傷跡の上部を中心に植毛すれば髪の毛によって傷跡が目立たなくなります。

 

一方で、前頭部や頭頂部の傷は、周辺に植えても傷跡が見えてしまう事もあるので、こちらの方法による植毛効果は限定されます。

傷跡の範囲が広い場合

傷跡の上に直接、髪の毛を植え付ける方法を採用します。傷跡の状態によっては血流が多少悪くなっている場合もあるので、定着率が落ちている場合もあり、植毛が必ずしも成功するとは限りません。

 

植毛クリニック“ヨコ美クリニック”のドクターも、傷跡の定着率が悪くなる可能性を認めています。

 

傷跡への植毛効果を高めるおすすめの施術
  • 傷跡周辺の植毛
  • 傷跡自体への植毛

以上の植毛方法を併用するのがもっとも良い効果を生むと考えられます。傷跡周辺の髪の毛の量を多くし、傷跡自体にも植毛することで、どちらかに効果がなかったとしても十分に補完しあえるのです。

 

手術後の髪型について

傷跡の範囲と植毛の本数にも影響を受けますが、一般的に数百本の範囲内で施術が行われます。

 

ドナーを採取する部位の範囲も限られますので、植毛自体の傷跡もほとんど気にならなくなります。中には手術後に短髪で生活している方もいるほどです。女性は男性ほど髪の毛を短くしないので、ほとんど髪型に関する影響はありません。

 

傷跡への植毛に関するメリット

男性型脱毛症(AGA)に代表される薄毛治療による植毛よりも本数は限られますので、比較的安価に、そして気軽に利用できる点も忘れてはなりませんよ。

 

施術治療費例 : アイランドタワークリニックのケース(ストリップ法)
  • 約2,000本の植毛費用・・・約108万円→AGA対策用植毛
  • 約200本の植毛費用・・・約30万円→範囲の狭い植毛(傷跡に対する植毛など)

ストリップ法とは・・・メスを使って後頭部から一直線に髪の毛を採取します。1本1本ではなく多くの量を同時に採取する方法で、定着率が高いことでも知られています。

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

傷跡への植毛|施術方法と効果


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)