植毛の後遺症 ピットスカーはどのうように対処すべきか‥

MENU

更新日:2017/11/21

植毛の後遺症!ピットスカーとは?

 

 

植毛手術後に起こる後遺症にピットスカー(pit scar)と言われるものがあります。
あまり聞かない名称の後遺症かもしれませんが、植毛をした方全員に関わる可能性があるので注目です。

 

一般的に植毛の後遺症としては、“ショックロス”と“ピットスカー”が代表例となります。

 

その他には頭痛などがありますが、最近では植毛手術の革新によりかなり少なくなってきました。
(※頭痛は人工毛植毛に起こりやすい)

 

ちなみにショックロスとは毛を植えた周辺部位の毛が抜け落ちてしまう事を言い、発毛剤を利用した時にも起こるとされる現象です。

 

一時的に薄くなったと感じますが、しばらくすると毛は生えてくるので将来的な問題はありません。

 

ピットスカーとは

植毛の後遺症 ピットスカー

 

頭皮がボコボコとへこんだ状態の事を言います。
植毛をした部位がへこんでしまい、イメージはミカンの皮のような感じです。

 

なぜピットスカーが起こるのか

 

植毛時に毛包を表皮よりも深く押し込んでしまうから起こる症状です。
さらにスリットのサイズと株のサイズが合わないような場合にも起こりえます。

 

医師の技術力などに問題があるケースが多くクリニック選びや医師選びにも注意が必要です。
また自毛植毛よりも、人工毛植毛のほうが起こる可能性が高いです。

 

人工毛植毛のケースは少し状況が異なり、人工物を体内に入れるので拒絶反応が起こることが多く、しばらくすれば人工毛は抜けます。

 

その後、反応が起こった部位はへこんで皮膚が硬くなります。(ピットスカーの症状です)

 

自毛植毛ではリスクは少なめ

 

自毛植毛は自分の毛を移植しますので、拒絶反応が起こることはほとんどありません。
そのため自毛植毛に限り、ピットスカーのリスクは少ないと判断できます。

 

ただ自毛植毛であっても、“機械式植毛手術”や“くり抜き式植毛手術”は比較的リスクが高めなので、手術の選択という部分も考える必要があります。

 

自然に治ることはあるのか

 

自然に治ることはほとんどありませんが、治す方法や目立たなくする方法はあります。

 

ピットスカーの修正法

 

植毛クリニックでの修正手術

 

かなり難しいですが、へこんだ部位をくりぬくことで修正可能です。
傷跡が残りますので、現実問題としてはあまりおすすめはできない方法といえます。

 

植毛クリニックでも、ピットスカーの修正治療を行っていないところは多くあります。
修正する場合は、気になる植毛クリニックで一度カウンセリングを受けてみましょう。

 

目立たなくする方法

 

最も現実的な方法は、再度植毛手術を行ってピットスカーを目立たなくすることです。
へこんでいる周辺の毛を多くすることで目立たなくします。

 

自分でも確認できないような毛髪密度が高まる手術を依頼する事も可能です。

 

ピットスカーになりやすい方

 

体質的にへこみが残りやすい方もいます。

 

毛を植えるために入れたスリットの部分が固くなり、ピットスカーが発症するケースもあります。
ただ体質的な問題でなる方は非常に稀で、あまり気にしなくても良いです。

 

報告例が少なくはっきりとは言えませんが、体質的にできた方については時間がたてば徐々に解消される、とも言われています。

 

ピットスカーができやすい場所

 

とくに額(おでこ)にこの症状が表れることが多いです。

 

前頭部に植毛をした方の一定数にへこみができているので、額の皮膚に対しての植毛は十分検討されてから行ってください。

 

このような事例から、ヘアラインについて気にされてもあまり下げすぎないのがおすすめです。

 

前頭部が薄くなっている方はおでこにも植毛したいと希望される方は多いですが、ピットスカーの観点からも自然な形のヘアラインを形成することが大切です。
前頭部の植毛は、M字部分を埋める程度にするのがおすすめなのです。

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛の後遺症 ピットスカーとその対処法


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)