植毛とかつらによる薄毛対策を徹底比較

MENU

更新日:2017/09/25

植毛と増毛のメリット・デメリット

 

 

薄毛の解決方法には自毛植毛が有名ですが、他にも増毛といった手段があります。
この二つの比較を行い、結果的に双方にはどんなメリットや特徴があるのかを見てみましょう。

 

増毛とは‥

 

  • 編み込み式
  • 結毛式
  • シート式

 

現状では以上の3つの方法があります。

 

最近ではかなり技術が進歩して、シート式のような頭皮と一体化できる増毛法も生まれています。
テレビコマーシャルでも盛んに宣伝されているので、興味を持っている方も多いでしょう。

 

使用される“毛”について

 

人毛が使われるわけではなく、人工毛が利用されます。

 

人工毛にも当然メリットとデメリットがあります。

 

医療機関で行うわけではない

 

増毛は医療機関が関わるものではなく、専門業者によって行なわれます。
そもそも増毛は、医療行為ではないというのが大きな特徴です。

 

増毛を行う主な業者例

 

  • アートネイチャー
  • アデランス
  • プロピア

 

自宅で出来る増毛

 

インターネット通販などで、頭皮に付けられる人工毛が販売されています。
装着は頭皮に押しつけるだけなので、特に技術が必要なわけではなく気軽に利用できます。

 

一方で、カラーバリエーションもありますが、まだまだ少なく不自然さが目立つケースも多いです。
手軽ですがデメリットもあるので、確実な増毛を希望している方は専門業者を選択しましょう。

 

増毛法の種類と特徴

 

編み込み式について

 

髪の毛に簡単に編み込むだけではなく、人工毛を編み込むための土台を作成します。
しっかりと作り込まれるので、ずれてしまうような心配はあまりありません。

 

金属がつかわれることもなく、すべて毛や糸で作成されます。

 

頭皮の負担もそれほどないので24時間つけたままの生活ができますが、髪の毛が伸びてくると不自然さが出てくるので、定期的な調節が必要です。

 

結毛式について

 

多くの増毛業者で採用している方法であり、一般的な増毛といって良いです。
自分の髪の毛に、人工毛を数本(2本から6本程度)結びつけて増やす方法になります。

 

見た目が非常に自然なのが大きな特徴ですが、手間がかかります。
最近では1時間に2,000本以上結びつけられる技術も生まれており、短時間化を達成しています。

 

髪の毛が抜けると、せっかく結びつけた人工毛も抜けてしまうのがデメリットです。
髪の毛が伸びると、それに合わせてメンテナンスをしなければなりません。

 

シート式について

 

非常に薄い特殊なシートを頭皮に付けることで、増毛する方法になります。
いままでは皮膚トラブルが多く、蒸れが起こったり皮膚がかぶれたりといった事が多くありました。

 

原因は通気性の悪さでしたが、通気性を保ちつつも接着力が強いシートと接着剤が現状では利用されているので解決されつつあります。

 

自毛植毛と増毛の比較

 

結果を得るまでの期間

 

増毛法を利用した瞬間に結果を得られるので、圧倒的に増毛が有利です。
自毛植毛は確実な結果を得るために、早くても半年、長ければ1年程度かかります。

 

※編み込み式・結毛式・シート式のどの増毛法を選んでも、実施した瞬間から結果が得られます。

 

自然さについて

 

増毛も自毛植毛もほとんど差はありませんが、増毛は人工毛を使っているため触り心地などの違いが出てくるので、細かい部分まで比較すれば自毛植毛に軍配が上がります。

 

身体的なリスクについて

 

増毛は手術を行うわけではありませんので、自毛植毛に比べ多少有利となります。

 

ただ、増毛法との相性もあり、頭皮に負担が出てくる可能性も少なくありません。
皮膚にトラブルが起き、薄毛が過度に進行する可能性も捨てきれないです。

 

※自毛植毛には、ショックロスピットスカーといった代表的な副作用があります。

 

メンテナンスについて

 

自毛植毛後は必要なメンテナンスは特になく、通院しなければいけないこともほとんどありません。

 

一方で増毛については、1カ月から2カ月に1回程度は業者に訪問してメンテナンスを受けます。
髪の毛が伸びたら、取り付けた毛の位置を調整しなければいけないからです。

 

費用について

増毛業者と価格例

  • アートネイチャー:1,500本・・・78.750円(1本当たり52.5円)+メンテナンス費用
  • アデランス:14,800円〜19,800円/月
  • プロピア:サイズによる(M字の場合は4,000円のシートが2枚必要・最大で2週間しか使用できない)

(※薄毛の進行の度合いなどの個人差もあるので、価格は目安としてください。)

 

増毛については価格設定がいろいろとあり費用の比較はかなり難しいですが、メンテナンスに月あたり10,000円から20,000円ほどが継続的にかかるシステムです。

 

初期費用がかかる場合とかからない場合がありますが、メンテナンス費用に差はありません。

 

仮にひと月あたり2万円として10年間利用すれば、240万円(2万円×120ヶ月)もかかります。
自毛植毛は、1回の手術3,000本の場合で相場100万円程度です。

 

価格については、自毛植毛のほうが有利と考えられます。

 

毛がない場所への対処

 

自毛植毛の場合は、後頭部の髪の毛を毛のない部位に植え付けます。
植毛する部位に髪の毛がなくても特に問題はありません。

 

一方で増毛法の場合、シート式以外は毛のない部位には対処できません。
薄毛が進行した部位への植毛は難しいので、毛がない場所への対処は自毛植毛が有利です。

 

比較のまとめ

 

すぐに効果を得たい方は増毛へ

 

増毛の圧倒的なメリットが即効性です。
どうしてもすぐに薄毛を解消したい方は増毛を選択すべきです。

 

メンテナンスの手間や費用重視の方は自毛植毛へ

 

自毛植毛は自分の毛を利用するので、手術後のメンテナンスの必要はなく手間が一切かかりません。

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛と増毛による薄毛対策を徹底比較


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)