植毛後のショックロスについて

MENU

更新日:2017/09/25

植毛後の気になるショックロスとは?

 

 

植毛後に起こる現象にショックロスというものがあります。
ショックロスとは植毛をした部位の髪の毛が抜けてしまい、現状より薄毛が悪化してしまうことを指します。

 

それほど心配のないショックロス

 

植毛後の気になるショックロスへの対処法

 

せっかく植毛したのに抜け毛が増えて焦ってしまうのですが、再び髪の毛が生えてくるので安心してください。

 

気にしすぎてストレスをかけてしまうことの方が、髪には良くありません。

 

ショックロスが起こる3つ原因
  1. 植毛時の頭皮への麻酔による影響
  2. 植毛により新しい毛が植えられることで周りの毛の血流不足が起こる
  3. かさぶたなどができることによる頭皮の負担

 

以下に詳しくそれぞれを解説します。

 

麻酔による影響

 

麻酔などに毛根が影響を受けて毛が抜けてしまう、といった原因が考えられます。

 

頭部麻酔は手術のためにどうしても必要です。

 

血流不足による脱毛

今まで血流を独占していた既存の毛も、新しい毛ができることでそちらに栄養が送られてしまうので、もともとあった毛が弱ってしまうことも報告されています。

 

かさぶたによる影響

植毛をすると避けられないのが植毛部位にできるかさぶたです。
皮膚にかさぶたができると、その部分に負担が集中してしまうことがあります。
結果として頭皮の炎症などが起こり、髪の毛が抜けてしまうということがあります。

 

ショックロスを防ぐための対処法

 

対処は限られますが、かさぶたと血流に関しては対応できます。

 

なるべく頭皮を刺激にさらさないようにして、かさぶた付近に負担をかけないようにすることです。
費用はかかりますが血流改善にミノキシジルも効果的です。

 

しばらくすれば普通に髪の毛が生えてきますので、少しの間だけ我慢をしてください。
数ヶ月かかりますが、それほど心配せずにその期間が過ぎ去るのを待ちましょう。

 

植毛をするクリニックにショックロスの説明を詳しく聞いてください。
そのクリニックでのショックロスについての症例などを教えてもらっておくのも良いでしょう。

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛のショックロスと原因


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)