植毛する理由となる男性型脱毛症の真実

MENU

更新日:2017/11/21

植毛する理由となる男性型脱毛症とは?

 

 

男性型脱毛症(AGA)とは、男性特有の髪の毛が薄くなる症状の事を言います。
ただし、男性型脱毛症は一般的な病気として認定されてはいません。

 

そのためAGA治療については保険が適用されず大きな費用がかかってしまいます。

 

男性型脱毛症(AGA)には薄毛になる進行の仕方に特徴があります。

 

女性は髪の毛が全体的に薄くなることが多いです。
加齢などが原因なので、特に決まった部分が薄くなるということはありません。

 

男性型脱毛症の症状〜薄くなる部位〜

 

男性型脱毛症 毛乳頭や毛母細胞に影響

男性型脱毛症の場合、局所的に薄くなることが一般的です。
前頭部から頭頂部にかけて、逆に頭頂部から前頭部にかけて薄毛が進行していきます。

 

髪の毛には、根っこの毛を作っている部分に毛乳頭および毛母細胞というものがあり、その部分に対して男性ホルモンが悪い影響を与えてしまいます。

 

結果、そのホルモンが毛髪の成長を阻害し頭頂部や前頭部の薄毛の症状を起こすわけです。

 

髪の毛が薄くなる一定の特性について

 

影響を受けた髪の毛は太く元気なものでなく、細く生えてきます。
さらに髪の毛の成長サイクルがストップして、結果的に産毛までしか成長できなくなります。

 

産毛状態で成長が止まってしまった髪の毛は、生えてきても細いため地肌が透けて見えた状態になります。

 

ただし男性型脱毛症は髪の毛全体に影響を与えるタイプのものではありません。
個人差はありますが後頭部および側頭部は髪の毛が残る事になります。

 

部位によって男性ホルモンの影響を受けやすいか受けにくいかという違いがあります。
前頭部や頭頂部の髪の毛の細胞は男性ホルモンの影響を受けやすい性質をもっているのです。

 

側頭部や後頭部はこの影響を受けにくいため髪の毛は維持されているわけです。

 

これらの性質を利用した薄毛の解決方法が、自毛植毛というものになります。

 

側頭部や後頭部の髪の毛は仮に男性型脱毛症になったとしても維持されるので、その髪の毛を薄くなってしまった前頭部や頭頂部に移植をしていくことになります。

 

まさに、男性型脱毛症の特性を生かした薄毛の解決方法と言えるでしょう。

 

でも、いずれ生えてこなくなってしまうのでは?

 

この点は心配はありません。

 

後頭部や側頭部の毛乳頭および毛母細胞は男性ホルモンの影響を受けにくいからです。
どうでしょう‥周りに側頭部や後頭部が目立って薄い方っていませんよね。

 

ですから前頭部や頭頂部に移植した後も維持されていきます。
植毛した髪の毛は男性ホルモンの影響を受けずに生え続けることが可能なわけです。

 

植毛は定着率が90パーセントや95パーセント以上ということが言われており、定着さえしてしまえば薄くなる心配はありません。

 

併用して薄毛への効果のあるもの

 

薄毛に併用して効果のあるプロペシア

男性型脱毛症のもう一つの大きな解決法と言えるのがプロペシアという医薬品です。

 

発毛剤として認可をされているもので、男性ホルモン自体を阻害する働きがあります。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛の原因ですが、プロペシアはこの部分にとても有効な薬です。
ただし、プロペシアにはいくつかの問題点があります。

 

  • 効果については個人差があり、飲み続けても効果があまり表れない方もいます。
  • 1錠当たりの価格は200円台から300円ほどしてしまいます。
  • 飲むのを止めてしまうと、効果が得られなくなり薄毛に戻ってしまいます。
  • 効果を持続させるためにはずっと飲む必要があります。

 

プロペシアはジヒドロテストステロンすべての働きを制御できるわけではありません。
一説では30パーセント弱の働きしか阻害できないということも言われています。

 

残りの7割の影響は受け続けてしまうということになるのです。

 

 

薬の効果として、自毛植毛には以下のようなプラスの作用があります。

  • 植毛をして定着した髪の毛はずっと生え続ける
  • 効果が表れるのは数カ月先になることもあるが、確実に髪の毛が増えて見えるようになる
  • 薄い部分だけに対処することも可能(M字部分や頭頂部のみ等)

 

プロペシアはあくまで併用で、男性型脱毛症の治療にはやはり自毛植毛が最優先になるでしょう。

 

最近では自毛植毛とプロぺシアの両方をおすすめするクリニックが多くなっています。
薬で現状の髪の毛を維持し、薄くなってしまったところは植毛で対処するといった治療方針を明確化しているクリニックもあります。

 

 

「参考にさせてもらったホームページです」
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/goahair/aga.htm
http://www.sei-ciel.org/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1425315089

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛の理由となる男性型脱毛症の内実


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)