なぜ植毛した毛はカールのか?その原因と対策法

MENU

更新日:2017/09/25

植毛した毛がカールする現象について

 

 

髪の毛が抜けてしまうショックロスや頭皮が凹んでしまうピットスカーが副作用の代表例になりますが、毛がカールする現象が表だって述べられる機会が多くありません。

 

植毛後の髪型に大きな影響を与える可能性もあるので、注意すべき副作用である事は指摘させてもらいます。

 

植毛した毛がカールする原因

 

まだ研究段階とされ、なぜ植毛した毛がカールしやすいのか原因はよく分かっていません。ただ、専門家によりある程度の予想は立てられているので、そちらを解説します。

 

毛を深く埋め込み過ぎている

 

スリット(毛を植える時に作る頭皮の切れ込み)を深く入れ過ぎてしまい、毛を頭皮の奥に入れ過ぎてしまうと、毛の流れがおかしくなり、生えてきた毛がカールするといわれています。ドクターの技術力によって、発生する確率が変アップしてしまうとする説になります。

 

植毛する時は、毛根から頭皮までの距離は4ミリから5ミリ強の深さになるのが一般的です。それよりも深く入れ過ぎると、埋没毛といった別の症状を生む事もあるので注意してください。

 

血行が悪い

 

傷跡に植毛するとカール現象が起こりやすいことから、血行が影響しているとの説もあります。毛にしっかりとした栄養がいきわたらないことで影響を与え、結果的にくせ毛のようになってしまうとの事です。

 

植毛する毛自体がダメージを受けている

 

毛にはキューティクルといわれる髪の表面の組織があり、そちらが健康だと髪の毛は元気であり艶やかな髪になりますが、キューティクルに問題があると毛が軟弱になってしまいます。キューティクルが植毛時にダメージを受けると、くせ毛のようになってしまう可能性も指摘されています。

 

カールした毛の対策方法
直るのを待つ

 

植毛して6カ月程度までは、毛がカールする確率が特に高くなります。生え際の毛に関しては目立つので、かなりカールしてしまっていると感じるケースも多いです。しかし、髪の毛がしっかりと定着し、毛に栄養が送られ始めると、どんどんとカールも収まってくることが確認されています。

 

カール現象が収まるまでの期間としては、“12カ月”が目安です。それ以降もカールしているようであれば、その毛に限って言えば直る可能性はほとんどありません。

 

永久的にカールし続ける毛は、植毛した本数の約1パーセントから2パーセントです。総数としてはたいしたことはありませんが、部位によっては気になるものです(前頭部など)。ちなみに毛がカールしても、それは植毛の失敗ではありません。10パーセントや20パーセントも残ってしまえば問題ですが、2パーセント程度までは許容範囲とされています。

ストレートパーマを利用してみる

 

植毛直後は定着率を下げてしまう可能性もあるので利用しないでください。手術をして1年から2年以上経ってから利用すべき対策方法です。

 

頭皮や毛に対する影響が出てしまう可能性もあるので、新たな薄毛のリスクを背負う可能性もあります。すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している方は、残っている毛も弱くなっている可能性があるのであまりおすすめの対策法とは言えません。

 

カールした毛が目立たないようにすればいいのであれば、逆転の発想で髪の毛にパーマをかける方法もあります。特に女性の場合は、パーマをかけるのも一般的なので自然な対策法になります。

植毛本数を増やす

 

前述したように、植毛した毛がすべてカールするのではなく、その中で1パーセントから2パーセントの髪の毛だけ影響が出るわけです。カールした周辺に再度植毛することで、目立たなくすることは可能です。

 

あまりに高密度にしてしまうと新たな問題も出かねないので、植毛密度の説明を受けたうえで、実施するかを決めましょう。

植毛のうまいクリニックを選ぶ

 

植毛専門クリニックであればどこも技術があると思われがちですが、ドクター個人によっても得意・不得意があります。スリットや埋め込みが苦手なドクターもいるので、なるべく優秀なドクターがそろっている専門クリニックを選びましょう。

 

口コミなどを参考にすると、腕の良い医者が多いクリニックも分かると思います。例えば、アイランドタワークリニックは、口コミ評価が高いクリニックの一つなのでおすすめですよ。

頭皮の血行を良くする

 

血行不良でも植毛した毛がカールする現象が起こるとされているので、頭皮の血行を良くするのも対策方法になります。定期的に運動するといった一般的な対策法もありますが、ミノキシジル(リアップ)を利用するのもおすすめです。

 

ミノキシジルは身体に一定の影響を与えるので副作用もありますが、発毛効果も認められており、カール対策と共に今後の薄毛を予防する目的で使うのも良いでしょう。

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛した毛はカールする?原因と対策


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)