植毛と遺体の関係性|術中と術後の患部の痛み

MENU

更新日:2017/11/21

 

植毛手術中で恐ろしい事と言えば痛みです。
実際に手術中や手術後に痛みを感じることがあるのでしょうか。

 

年代に関係なく植毛手術を受けようとする方がいますが、どの世代であっても植毛の不安としてトップになるのが“痛み”。
痛みを感じにくい植毛手術があるのであれば、そちらについてもあわせて解説します。

 

ドナー採取時と植毛時には痛みは発生するのか?

 

ドナーとは、薄くなってしまった部位に植える髪の毛の事を指します。主に、後頭部から採取する髪の毛の事を指しています。

 

局所麻酔を実施

 

植毛時には必ず局所麻酔を実施して、痛みが出ないようにしてから手術を実施します。ドナーを採取する時には痛みは発生しません。ちなみに、植毛クリニックにもよりますが、精神安定剤を利用するケースもあります。

 

いままで手術を受けた経験がない男性も多いと思います。女性よりも血に弱いといった特性も男性にはありますので、心配な方は精神安定剤の利用をクリニック側に打診しましょう。

 

局所麻酔と精神安定剤を併用すると、眠っている間に手術がある程度進みます。起きたら、ドナーが採取された状態になっているので何も心配はありません。

 

ドナー採取範囲が大きい方・植毛範囲が広い方

 

大量の植毛をする場合には、ドナーを採取する場所が広範囲に及ぶ事もあります。その場合は、複数回、局所麻酔を打つことで対処可能になります。

 

一方、クリニック側でも1回当たりの植毛本数を4,000本程度までとしている場合が多いので、それほど広範囲に渡って麻酔を打たれる心配はありません。

 

麻酔の危険性について

 

局所麻酔は全身麻酔とは違い、身体に対する負担が極端に少ないです。全身麻酔の場合は、身体全体に影響を与えるため、麻酔関連の医療事故のほとんどが全身麻酔なのです。

 

植毛手術で使われる局所麻酔の影響は麻酔を打ったその周辺部位のみになります。安全性は確立されているので、ほとんど気にする必要はありませんよ。

 

もしもの場合に備えて、植毛クリニックでは心電図モニターを導入して随時確認をしています。問題があれば、いつでも施術を中止できる体制を確保しています。

 

麻酔を打たれる時の痛みについて

 

ドナー採取時と植毛時には、その場所に対して麻酔を打つことになりますが、基本的にチクっとするだけです。頭皮はそれほど皮膚が分厚いところではないので、かかとに麻酔注射するような場合と比較しても痛みは圧倒的に少なく済みます。

 

植毛後は痛むのか?

 

麻酔が切れるとチクチク痛む事もある

 

麻酔はあくまで手術中に効くように設定されおり、手術後には麻酔の効果も切れてしまうのです。精神安定剤は1時間くらいで効果が切れてしまうので、手術途中で目を覚ますことになります。しかし、その時点では、まだ局所麻酔がしっかり効いているので特に心配することはありません。

 

局所麻酔が切れるのは、帰っている最中か家についてからになります。チクチクといった痛みが感じられますが、耐えきれないような痛みではありません。ただ、どうしても気になる方もいるので、痛み止めを処方してもらいましょう。植毛クリニックの多くで痛み止めを処方しているので、飲んだら痛みは収まりますよ。

 

植毛してしばらくは洗髪をしないので、頭皮自体に何らかの負担がかけられること自体が少ないです。ただ、頭皮に何らかの衝撃が与えられると、痛みが大きく発生してしまう可能性もあるので注意してください。

 

後頭部の痛みについて

 

ドナーの採取をした部位ももちろん痛みますが、縫合部にツッパリ感を感じる方がほとんどです。

 

手術法によっても痛みに差が出るのか?

 

簡単に説明するとFUE式植毛はメスを使わない手術法で、FUT式植毛はメスを使う手術法になります。メスを使わない手術法であるFUE式植毛のほうが、実際に痛みは少ないです。メスを使うと、ドナー採取に関係ない皮膚までカットすることになるので、痛みが出る場所が広範囲に及んでしまう可能性まであります。

 

FUE式植毛にはFUT式植毛よりも定着率が悪いといった特徴もあるので、どちらに重きを置くかを考え、植毛方法を選択しましょう。

 

定着率重視ならFUT式植毛、痛みを重視するならFUE式植毛がおすすめですよ。

 

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。植毛手術をやる、やらないは別として、なるべく早めに相談をして、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に今抱えている植毛への不安や問題点、ぶっちゃけた質問・疑問を植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーにぶちまけてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛に痛みはあるのか?麻酔・安定剤に注目!


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<




30代男性の植毛体験者インタビュー(約3分)施術箇所:M字・生え際

※1分45秒からの「施術の翌日はどうしていたか?
※2分49秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。


40代男性の植毛体験者インタビュー(約9分半)施術箇所:前頭部〜頭頂部

※1分35秒からの「短い毛は生えてきたけど・・・」
※3分20秒からの「薄毛に悩む方に伝えたいこと」は参考になります。

2016年5月施術:移植株数2200グラフト(約5500本相当)