植毛にもこんなにデメリットがあった!

MENU

更新日:2018/11/08

植毛にもデメリットはある

植毛のメリットだけを見るのはとても危険です。デメリットもある、と認識して植毛を行なうことが大事なのです。

 

はじめに、植毛をするクリニックから施術のリスクなどの説明もあるはずです。それらを参考にして、何か疑問があればその都度確認をしましょう。

 

植毛で考えられるデメリット

 

  • 高額な費用がかかる
  • 外科手術であり麻酔などを使う
  • 手術後の痛み
  • 植毛部分はしばらくかさぶたが残る
  • 採取した後頭部に傷跡が残る
  • 施術後しばらくは寝る時に制約がある

 

お金がかかるということですが、これは保険適用がされていないのが大きいです。ある程度の範囲を植毛する場合には100万円以上の金額が必要になります。

 

植毛は外科手術となるためメスや麻酔のリスクが全くないわけではありません。ただし麻酔は頭皮だけに作用させるため、それほど強いものではありません。

 

手術後の痛みに対しては、それほど強いわけではありません。気になる方は痛み止めをもらいましょう。

 

植毛部分にはしばらくかさぶたができるため、目立ってしまうことが考えられます。1週間を超えたころにはほとんど気にならなくなります。

 

多くの方が一番気にされるのが後頭部の傷跡ではないでしょうか。植毛する毛は後頭部から採取することになります。

 

後頭部についてはストリップ法に限って後頭部を帯状に切り取る手術を行なうため、縫合痕というものが約1ミリから3ミリ幅程度で白い線状になって残ってしまいます。

 

あまりに短い刈り上げや坊主、スキンヘッドという髪型は避けたほうが良いでしょう。

 

自毛植毛でのダイレクト法であれば後頭部を切開しないため大きな傷跡が残る心配はありません。

 

寝る時ですが後頭部から髪の毛を採取しているため、うつぶせや横向きで寝ることが必要になります。

 

うつぶせや横向きで寝られない方は、睡眠薬を服用が必要になります。

 

以上が植毛のデメリットです。

最後の挑戦にふさわしい2つのアイテム

最近では頭に塗る育毛剤タイプよりも、体の内側からケアする育毛サプリメントの方が圧倒的に伸びています。

 

植毛のデメリットを考えて、手術するまでリスクをとるのが怖い方。今まで育毛剤などでで結果が出なかった人にも最後の勝負としておすすめです。

 

 

1ヶ月で育毛剤とケリをつけたい方。これでダメならあきらめよう。

 

育毛剤と育毛サプリメントがついて9090円は安い。
(解約は1回でもOKの即効育毛定期便)

 

30日以内の効果こだわるドクター推奨の育毛剤チャップアップ

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。

アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。。。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。

植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に植毛への不安や問題点があるのであれば、植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーに話してみてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

植毛のデメリットを徹底究明


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。

相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<



>>各植毛クリニックの最新キャンペーン情報の詳細はこちら

最新のキャンペーンや交通費・宿泊費のキャッシュバック、モニター割引きなどの情報をまとめました。