安いのはどこだ?大手植毛クリニックの価格比較

ユニークな形状をしている計算機 カルキュレーターの画像 写真

植毛をするにあたり気になってしまうのが費用です。どのくらい費用がかかるのか、といったことを事前に確認しておく必要があります。

 

中には、最も安いクリニックで植毛を受けたい、といった方もいるのではありませんか。

 

こちらでは、

以上の大手5クリニックの自毛植毛費用を比較します。どこが最も高くて、どこが最も安いのでしょうか。

 

さらに気になってくるのが、クリニックに対して値引き交渉は出来るのか、といったことです。こちらでは、植毛クリニックが値引き交渉に応じてくれるのか、その他の植毛費用を安く済ませる方法について徹底解説します。

 

 

約2,500本(1,000株)の切らない植毛費用比較

クリニック名 植毛料 合計(税別)

湘南美容クリニック

888円×1,000株

基本治療費:なし

88万8,000円

ヨコ美クリニック

900円×1,000株

基本治療費:なし

90万円

アイランドタワークリニック

1,200円×1,000株

基本治療費:20万円

140万円

紀尾井町クリニック

1,200円×1,000株

基本治療費:20万円

140万円

 

基本的にFUE法を中心として比較してみました。2,500本程度の植毛は、ある程度進行が進んだ時に対応できる本数でもあります。安いところであれば90万円前後のところもありますが、高くなると140万円ほどもしてしまいます。

 

アイランドタワークリニックは高いが精度の高い施術を達成している

 

アイランドタワークリニックのあいダイレクト植毛を説明する画像 後頭部からパンチを使って毛を採取している

アイランドタワークリニックでは、FUE法をさらに進化させたi-directと言った方法を採用しています。

 

料金が高いのにはしっかりとした理由があるのです。

 

極細のパンチを使って毛を採取しているので、頭皮の傷も圧倒的に少なくなります。頭皮を傷めにくく、植毛後の髪型の制約も受けにくい、といった特徴を持っています。

 

生着率も通常の手術余地も高くなるので、より効率的な施術が可能です。

 

約2,500本(1,000株)の切る植毛費用比較

クリニック名 

基本治療費

植毛料

合計

ヨコ美クリニック

60万円

60万円

湘南美容クリニック(FUE法)

なし

88万8,000円

88万8,000円

紀尾井町クリニック

(FUT法)

植毛料に含む

90万円

90万円

ニドークリニック

(2,550本のケース)

植毛料に含む

113万6,000円

113万6,000円

 

FUT法に関しては、施術時間もFUE法に比べてかからないとのことで費用も一般的にかなり抑えられています。最も安いところは、ヨコ美クリニックです。圧倒的な低価格を実現しています。

 

ヨコ美クリニックはFUE法で1,000株の植毛を実施すると90万円で、FUT法であれば60万円です。30万円も価格が下る、といった特徴を持っています。

 

紀尾井町クリニックも大幅に価格が下がります。FUE法で1,000株の植毛を実施すると140万円もしてしまいますが、FUT法であれば90万円で実施してくれるのです。

 

国内で植毛手術のナンバーワンシェアを誇っているアイランドタワークリニックではFUT法を実施しているのですが、金額については明示していません。基本的にFUE法の一種であるi-directに力を入れており、FUT法はほとんど実施していません。

 

FUT法と植毛本数の基礎知識

 

人それぞれ頭髪に生えている本数には違い上がります。FUE法に関しては、1,000株採取はその本数のとおりに実施できますが、FUT法に関してはあくまで目安です。

 

1,000株を想定していたとしても、900株のケースもあれば1100株程度になることもあります。

 

生え際の切らない植毛費用比較(税別)

生え際の後退をカバーするためには、大体500株(1,100本程度で対応できるとされています。ですから、こちらでは500株程度を目安として、大手5社の価格比較を実施します。

 

クリニック名

基本治療費

植毛料

合計

湘南美容クリニック(FUE法)

なし

500株×996円

49万8,000円

ヨコ美クリニック

なし

51万円

51万円

アイランドタワークリニック

20万円

500株×1,200円 

80万円

紀尾井町クリニック

500株×1,200円

80万円

80万円

 

安いところであれば、前頭部の薄毛は50万円程度で対応できます。高いところであったとしても、100万円はかかりません。思ったよりも低価格で対応してもらえます。

 

前頭部だけの薄毛で植毛はまだ早いのではないか、と思っている方もいるかもしれません。前頭部を植毛で対応し、残った髪の毛を発毛剤で維持すれば長期間状況を維持できます。

 

完全に禿げ上がってから植毛をしてしまうと、薄毛治療をしたことも周りにバレてしまいます。急に増えたら不自然ですよね。前頭部だけの薄毛の時に植毛を済ませておけば、周りに気づかれることもありません。

 

植毛の施術方法による価格差を見てみる

植毛の施術方法や内容によって料金は大きく変わってきます。植毛には大金がかかるため1万、2万だと対して違いはないような錯覚を起こしますが、そこはしっかり確認する必要があります。

 

植毛方法と価格の関係性

植毛方法 価格
刈り上げないFUE法 植毛の中で最も高い
刈り上げるFUE法(主流) 高額だがクリニックによる
植毛ロボット(ARTAS植毛など) 機械で人件費を抑えられるため安め
FUT法 クリニックよるが安め
人工毛植毛 安い

 

現在、最新の植毛法とされているのが「刈り上げないFUE法」です。刈り上げるとしばらく髪型が不自然になってしまうので、刈り上げない植毛方法は注目されつつあるのです。

 

刈り上げない植毛にはデメリットもあります。刈り上げていないので、毛を採取するのがかなり難しいです。大量植毛(メガセッション)も出来ないので、どうしても高額化してしまいます。

 

少しでも安価に植毛の施術を受けたい考えているのであれば、植毛ロボット(ARTAS植毛など)やFUT法を選択してください。FUE法に比べると、同じ植毛本数でも10万円から20万円ほど安くなることもあります。

 

※人工毛植毛に関しては価格的なメリットが有りますが、人工毛は異物なので必ず体外に排除されてしまいます。ずっと生え続けるわけでもないですし、副作用も多く報告されているのでおすすめはできません。

 

基本的には値引き交渉に応じてもらえないが・・・

原則的に植毛クリニックでは値引き交渉には応じていません。そもそも大手のクリニックの場合は、各店舗で料金を統一しているのです。一つの店舗だけ独自に安くできません。

 

一方で、1店舗しかないようなクリニックであれば、相談に応じてもらえる可能性が出てくるのです。院長が自分で施術をしているケースも有り、院長の考え方一つで植毛価格が決められるので相談に応じてくれやすい、といった特徴があります。

 

ちなみに店舗数が多いクリニックとしてはルネッサンスクリニックがあります。新宿院・大阪印・福岡院・仙台院の4つのクリニックを展開しています。一方で、ヨコ美クリニックは横浜市に1店舗だけです。

 

※現在大人気の植毛クリニックとなっているアイランドタワークリニックは、新宿院・名古屋院・大阪院・福岡院の4クリニックを展開しています。

 

値引き交渉にはコツがある

 

値引き交渉に応じてくれやすい季節と応じてくれにくい季節があります。値引き交渉に応じてくれにくい時期にお願いをしたとしても、よい結果は得られません。値引きをしてもらいたいのであれば、値引きしてくれやすい時期に申し込みをすべきなのです。

 

値引き交渉に応じてくれやすい時期
  • 3月〜4月にかけて
  • 6月いっぱい

 

値引きに応じてくれにくい時期
  • 年末年始(12月〜1月)
  • ゴールデンウィーク前後(4月末〜5月の初旬)
  • 8月(お盆休み周辺)
  • シルバーウィーク(9月下旬)

 

値引き交渉を応じてくれない時期には一定の法則があります。その期間に休みがある、ということです。

 

そもそも、植毛した直後はしばらく頭皮にかさぶたが出来るなど見た目的にも問題が起こってくるのです。長期休暇中を利用することで、植毛した患部の状態も落ち着きます。同僚などにバレることなく植毛の手術を終えられるわけです。

 

患部の定着率を考えてしばらく安静にしていたい、といったことを希望している方も多いです。

 

長期休暇の前後は植毛クリニックに関しては繁忙期です。黙っていても植毛希望者がやって来るので、値引き交渉に応じてくれることは基本的にありません。

 

3月から4月にかけては、値引き交渉に応じてくれやすいです。その理由として、決算期が関わってくるからです。

 

クリニック側としても少しでも施術を多く実施し、その上で決算を迎えたいのが本音。経営的な観点から3月から4月は値引き交渉を受けてくれやすい、といった特徴があることは覚えておきましょう。

 

6月に関しては、祝日が1日もない、といった状態になっています。植毛する時期としては適していないとされており、植毛クリニックも閑古鳥が鳴いているケースが多いのです。

 

利用者が少ない時期は少しでも施術をして利益を確保したい、とクリニック側も考えています。その時期を見越して交渉に持ち込みましょう。勝算も出てきます。

 

実際に植毛クリニックに値引き交渉をするとどうなる?

「安くして」とお願いのすると、クリニック側は状況によって以下のような提案してくることがあります。

  • 予算で出来る植毛本数の提案
  • キャンペーンを紹介される
  • モニターの参加をおすすめされる

 

値引き交渉ですが、基本的には上記の3つの対応をしてくるケースがほとんどで、値引き交渉はしないといった対応を見せてくるわけです。

 

まず植毛クリニック側は予算を聞いてきます。「50万円」と答えたら、その50万円でできる植毛を提案してくるのです。50万円で植毛できる本数となると、500株程度になってしまうことも多いです。

 

アイランドタワークリニックの友人紹介キャンペーン イラスト 画像

キャンペーンについては、ほぼ値引きと同等の効果があります。各クリニックでは、前述した繁忙期以外の時期に利用者を集めるために様々なキャンペーンを実施していることが多いのです。

 

基本料金を安くしたり、1株あたりの植毛費用を安くしたり、といった対応をしてくることもあります。

 

キャンペーン名 キャンペーン内容
友人紹介キャンペーン 商品券50,000円
交通費・宿泊費無料キャンペーン 交通費と宿泊費が全額還元される
2回目以降の施術割引 基本治療費半額+移植費10%OFF

 

モニターの参加については、施術した患部の写真撮影に応じたり、植毛を受けてみた感想をブログにアップしたり、といったことを実施します。手間はかかりますが、大幅に施術費が安くなることもあります。

 

クリニック名 モニター割引内容
アイランドタワークリニック 最大で50%OFF
湘南美容クリニック 最大で200,000円OFF
親和クリニック 最大で50%OFF

 

モニター割引で最大の割引率を期待している方は、基本的に顔を晒す必要があります。親和クリニックの場合は、「テレビや雑誌を含めたすべての媒体への症例写真・顔写真・体験談掲載」を条件としています

 

植毛経験者による同じ目線でのアドバイス

「誰にアドバイスを求めるべきか?」それは実際に植毛を体験した人です。アイランドタワークリニックのアドバイザー(問い合わせ相談対応スタッフ)は、全員が元々はお客さんという異例のクリニックです。

つまり、植毛をやる前の悩みや不安な気持ちやなども経験していて、現在進行形の植毛ユーザーとしての感想や、実生活における体験談を聞くことができるので、アドバイザーとしては最適です。

1人でもんもんと悩んでいるだけでは状況は何も変わらないどころか、薄毛や抜け毛は進行していきます。。。

もちろん植毛はメリットばかりではなく、費用なども高額なので、特にリスクやデメリット、その後のメンテナンスなどはしっかりと聞いておくと良いでしょう。植毛はなかなか他人に相談できるものではありません。実際に植毛への不安や問題点があるのであれば、植毛を経験しているプロの毛髪アドバイザーに話してみてください。

無料だからこそ怖い・・・。気になるカウンセリング後の売り込みは?

安いのはどこだ?大手植毛クリニックの価格比較


相当数の口コミを調査しましたが、上記のお約束の通り、無料相談後の無理な押し売り、売り込みへのクレームは一切ありませんのでした。

相談前はかなり不安があったが、悩みをぶちまけて気分がすごく楽になった、プロからの具体的なアドバイスが参考になったという感想が多かったです。

>>毛髪アドバイザーへの無料相談はこちら<<


>>※毎月更新中!最新キャンペーン情報はこちら


最新のキャンペーンや交通費・宿泊費のキャッシュバック、モニター割引きなどの情報をまとめました。